Campeonato Paulista カンピオナート・カリオカ

終了直前のワンプレイで先制点をもぎ取ったボタフォゴ PK戦も制して5年ぶり21度目の優勝

カンピオナート・カリオカ 2018 決勝 2nd.Leg バスコ・ダ・ガマ 0-1 (PK:3-4) ボタフォゴ
▲ PK戦を制して5年ぶりの優勝を果たしたボタフォゴ
4月8日に行われたカンピオナート・カリオカの決勝 2nd.Leg。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われたクラシコ「バスコ・ダ・ガマ×ボタフォゴ」は、ボタフォゴが勝利。そしてボタフォゴはPK戦も制して2018年の王座に君臨した。

1st.Leg を制しているバスコは、36分にファブリッシオがルイス・フェルナンドの足首をスパイクの裏で削ったとして、主審がファブリッシオにレッドカードを提示。バスコの面々は主審や副審に抗議したが、バスコは早くも数的不利に陥ってしまった。

それでもバスコは相手の攻撃をしのいで、後半のアディショナルタイムに突入。同点で終了ならバスコの優勝が決まるところだったが、パワープレイに転じたボタフォゴは92分に欲しかったゴールを奪った。最終ラインからのフィードをペナルティエリアでつないでキエーザがシュートを放ち、相手に当たったこぼれ球をジョエウ・カルリが右足でゴールに沈めた。

90分を終えて、2試合合計は 3-3 となり、アウェイゴール・ルールは適用されないため、このままPK戦に突入。2人目以外が決めたボタフォゴに対し、バスコは3人目と5人目がキーパーにコースを読みきられて試合終了。この瞬間、ボタフォゴの5年ぶり21度目の優勝が決まった。

カンピオナート・カリオカ 2018 決勝 2nd.Leg (2018/04/08)
バスコ・ダ・ガマ 0-1
PK
3-4
ボタフォゴ
マルティン・シルバ GK ガティート・フェルナンデス
ハファエウ・ガリャルド
(ウェルレイ)
パウロン
フリクソン・エラーソ
ファブリッシオ
DF マルシーニョ
ジョエウ・カルリ
イゴール・ハベーロ
モイゼス
(ジウソン)
レアンドロ・デサバト
エバンデール
(アンドレス・リオス)
イアゴ・ピカシュウ
ワギネル
エンリーキ
MF マテウス・フェルナンデス
マルセーロ
(キエーザ)
ヘナチーニョ
ルイス・フェルナンド
(ホドリーゴ・ピンポン)
レオナルド・バレンシア
ドゥビエル・リアスコス
(ヒカルド)
FW ブレーネル
ゴール 90+4 ジョエウ・カルリ
ワギネル ○
アンドレス・リオス ○
ウェルレイ ×
イアゴ・ピカシュウ ○
エンリーキ ×
PK ○ ブレーネル
× ホドリーゴ・ピンポン
○ ジウソン
○ マルシーニョ
○ ヘナチーニョ
パウロン
レアンドロ・デサバト
ウェルレイ
イエロー
カード
レオナルド・バレンシア
マルセーロ
ホドリーゴ・ピンポン
ファブリッシオ レッド
カード
レオナルド・バレンシア
ゼ・ヒカルド 監督 アウベルト・バレンチン
主審: ワギネル・ド・ナシメント・マガリャイス
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2018.04.08

★リオ・デ・ジャネイロ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。