CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

“ガビゴウ”のゴールなどで勝ったサントス 3連勝でグループリーグ突破に向けて上昇一途

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第4節 サントス 2-0 エストゥディアンテス
▲ 43分に先制のゴールを決めてポーズを披露するガブリエウ・バルボーザ
4月24〜26日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第4節。ブラジルのサントスで行われた「サントス×エストゥディアンテス」は、サントスが勝利を収めた。

キックオフの90秒後にジョナタン・コペーテがポストを直撃するシュートを打って攻撃の口火を切ったサントスは、16分にはガブリエウ・バルボーザが左足でゴール左隅を狙ったシュートを打ち、攻撃のリズムを作っていった。すると43分に自陣でボールを奪ったジョナタン・コペーテが上げたロングフィードでガブリエウ・バルボーザが相手陣内を上がると、ドリブルでペナルティエリアに入って得意の左足でゴールに沈めて、サントスが先制した。

サントスは後半の立ち上がりにもゴールを奪う。49分、ジェアン・モッタが左足で上げたフリーキックに、ルーカス・ベリッシモが頭で合わせて 2-0 とした。

先制点を決めたガブリエウ・バルボーザは、守備には参加せず攻撃に専念。攻め込まれているときも極端に下がらず、前線に張ってチームのカウンターに対応できるように準備していた。その結果、65分にはカウンターからキーパーの両手を強襲するシュートを放ち、チームを牽引した。そしてもう一人、17歳のホドリゴも軽快な動きで何度もシュートを披露。ゴールネットを揺らすことは叶わず73分にベンチへ下がったが、国際舞台でも才能の片鱗を見せていた。

一方、エストゥディアンテスは最後までチャンスを生かせなかっただけでなく、後半のアディショナルタイムには退場者も出してしまった。

サントスは3連勝でグループ6の首位を堅守した一方、エストゥディアンテスは3位に後退している。

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第4節 (2018/04/24)
サントス
(ブラジル)
2-0 エストゥディアンテス
(アルゼンチン)
バンデルレイ GK マリアーノ・アンドゥハル
ダニエル・ゲージス
ルーカス・ベリッシモ
デイビッジ・ブラス
ドド
DF ファクンド・サンチェス
ジョナタン・チュンケ
レアンドロ・デサバト
ガストン・カンピ
アリソン
レオ・シッタジーニ
(ヘナット)
ジェアン・モッタ
MF ロドリーゴ・ブラーニャ
イバン・ゴメス
(ガストン・ヒメーネス)
ルーカス・ロドリゲス
(アンドレス・エスコバル)
セバスティアン・ドゥバルビエル
(カルロ・ラタンシオ)
ジョナタン・コペーテ
(アルトゥール・ゴメス)
ホドリゴ
(ビットル・ブエーノ)
ガブリエウ・バルボーザ
FW ファン・フェルネイ・オテーロ
ルーカス・メラーノ
ガブリエウ・バルボーザ 43
ルーカス・ベリッシモ 49
ゴール
アリソン
ルーカス・ベリッシモ
イエロー
カード
セバスティアン・ドゥバルビエル
ガストン・カンピ
イバン・ゴメス
アンドレス・エスコバル
レッド
カード
アンドレス・エスコバル
ジャイル・ベントゥーラ 監督 ルーカス・ベルナルディ
主審: エベル・アキーノ (パラグアイ)
会場: エスタジオ・ビラ・ベウミーロ (サントス)
2018.04.24

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。