Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

ヘネの2アシストで勝ったフラメンゴ 守護神ジエゴ・アウベスの好守も冴えて首位を堅守

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第8節 フラメンゴ 2-0 バイーア
▲ 前半のアディショナルタイムにループシュートを決めたルーカス・パケター
5月30〜31日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第8節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フラメンゴ×バイーア」は、フラメンゴが勝利を収めた。

6分にルーカス・パケターの強烈なシュートで相手ゴールを脅かしたフラメンゴは、その後も圧倒的に攻め込み相手を防戦一方に追いやった。すると41分、中盤でドリブルを始めたジエゴがペナルティエリアの手前でヘネにボールを渡すと、ヘネの当たり損ないのシュートがジエゴへのワンツーになり、ファーストタッチでキーパーを振り切ったジエゴは無人のゴールにシュートを決めた。

前半のアディショナルタイムには、ヘネのスルーパスで最終ラインを突破したルーカス・パケターが、ゴールエリアの手前で左足でループシュートを披露。これがゴールに吸い込まれて、フラメンゴは前半に2点をリードした。

後半も主導権はフラメンゴにあったが、バイーアにも絶好機はあった。69分にペナルティエリアのライン上からジョアン・ペドロが左足を振り抜いたが、ゴール右隅を狙ったシュートはわずかにポストの左へ逸れてしまった。さらに81分にはゼ・ハファエウのシュートをキーパーがファンブルすると、こぼれ球をエウベルが右足でゴールに蹴り込もうとしたが、すぐに立ち上がったGKジエゴ・アウベスが俊敏な反応でゴールを死守した。

勝ったフラメンゴは、急浮上しているサンパウロをしのいで首位の座を堅守している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第8節 (2018/05/31)
フラメンゴ 2-0 バイーア
ジエゴ・アウベス GK アンデルソン
ホジネイ
レオ・ドゥアルチ
(トゥーレル)
ホドウフォ
ヘネ
DF ジョアン・ペドロ
チアゴ
ルーカス・フォンセカ
エウヘニオ・メーナ
ジョナス
(ホムーロ)
ルーカス・パケター
ジエゴ
MF グレゴーリ
(フラービオ)
エウトン
ゼ・ハファエウ
ビニシウス
(ジュニオール・ブルマード)
エウベル
エベルトン・ヒベイロ
エンリーキ・ドウラード
(ジェアン・ルーカス)
ビニシウス・ジュニオール
FW ヘージス
(アグスティン・アリオーネ)
ジエゴ 41
ルーカス・パケター 45+1
ゴール
イエロー
カード
エウベル
グレゴーリ
マウリシオ・バルビエーリ 監督 グト・フェヘイラ
主審: ジェアン・ピエーヒ・ゴンサウベス・リーマ
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2018.05.31

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。