Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

サントスは今季6敗目で16位に後退 インテルナシオナウは敵地で勝って5位に押し上げる

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第11節 サントス 1-2 インテルナシオナウ
▲ 52分に決勝のゴールを決めて駆け出すビクトル・クエスタ(右)
6月9〜10日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第11節。サンパウロ州の州都サントスで行われた「サントス×インテルナシオナウ」は、インテルナシオナウが勝利を収めた。

敵地に乗り込んだインテルナシオナウは立ち上がりから積極性を見せると、31分にルッカが元ブラジル代表MFヘナットとペナルティエリアで交錯して転倒。このファウルで得たPKを元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンが決めて、インテルナシオナウが先制した。

サントスは後半の立ち上がりに相手のファウルでPKを得ると、ガブリエウ・バルボーザが冷静にPKを決めて 1-1 とした。ところがその2分後、左サイドからの間接フリーキックにビクトル・クエスタが頭で合わせて、インテルナシオナウはすぐに勝ち越した。さらには勝ち越された直後にルーカス・ベリッシモがジャッジへのクレームにより退場処分となったことで、サントスは数的不利に陥ってしまった。

サントスは負けて16位に後退した一方、敵地で勝ったインテルナシオナウは5位に押し上げている。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第11節 (2018/06/10)
サントス 1-2 インテルナシオナウ
バンデルレイ GK ダニーロ・フェルナンデス
(ダニエウ)
ビクトル・フェーハス
ルーカス・ベリッシモ
デイビッジ・ブラス
ドド
DF ファビアーノ
ホドリーゴ・モレード
ビクトル・クエスタ
イアゴ
ジエゴ・ピトゥーカ
ヘナット
ジェアン・モッタ
(ブルーノ・エンリーキ)
MF ホドリーゴ・ドウラード
エデニウソン
パトリッキ
ホドリゴ
エドゥアルド・サッシャ
(レオ・シッタジーニ)
ガブリエウ・バルボーザ
(グスターボ・エンリーキ)
FW ウィリアン・ポッチケル
レアンドロ・ダミアン
(ホッシ)
ルッカ
(ニコラス・ロペス)
(PK) ガブリエウ・バルボーザ 50 ゴール 33 レアンドロ・ダミアン (PK)
52 ビクトル・クエスタ
ジェアン・モッタ
ジエゴ・ピトゥーカ
ブルーノ・エンリーキ
イエロー
カード
ホドリーゴ・ドウラード
エデニウソン
ウィリアン・ポッチケル
ホッシ
ルーカス・ベリッシモ レッド
カード
ジャイル・ベントゥーラ 監督 オダイール・エウマン
主審: ワギネル・ド・ナシメント・マガリャイス
会場: エスタジオ・ビラ・ベウミーロ (サントス)
2018.06.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。