Seleccion Nacional de Colombia コロンビア代表

アスプリージャ氏が代表の得点力不足を心配 「クラブチームでできていることができていない」

元コロンビア代表FWファウスティーノ・アスプリージャ氏が心配するコロンビア代表の得点力不足
▲ 元コロンビア代表FWファウスティーノ・アスプリージャ氏が憂う現在の母国代表の課題や懸念とは…
コロンビア代表の心配事は「得点力不足」。そう開設したのは、かつてカルロス・バルデラマ氏とともにワールドカップなどで一世を風靡した“ティノ”こと元コロンビア代表FWファウスティーノ・アスプリージャ氏だ。

現在のコロンビア代表には負傷者が続出しているが、得点力不足の核心はそこではないとアスプリージャ氏は語る。
「前線の駒不足は否めないし、ケガ人の多さも問題を複雑にしているとは思うが、私には代表の基礎ができあがっていないように映る。それが問題だと思う」

直近1年間のコロンビア代表を振り返ると、ワールドカップのポーランド戦で3点を取った以外は、すべての試合が1点以下。2点以上取った試合の少なさにも、アスプリージャ氏は警鐘を鳴らす。
「ほとんどの選手にいえるのは、クラブチームでできていることが代表ではできていない点だ。個人的には(フィオレンティーナの)ムリエルと(パウメイラスの)ボルハに期待しているが、彼らとて代表でのパフォーマンスは物足りない、もっとやれるはずだ。ファルカオも含めて、代表に呼ばれた攻撃陣がもっとコンディションを上げなければ厳しい戦いは続くだろう」

現状のコロンビア代表を観た上で、アスプリージャ氏はコパ・アメリカで優勝する可能性について否定的な見解を示した。だが「サッカーは何が起こるかわからないし、あらゆる可能性があるから、我々は大会本番を楽しみに待つしかないだろう。国全体で代表を応援しよう」とも述べた。

そんなコロンビア代表について、現在注目している選手について問われると、アスプリージャ氏は二人の名前を挙げた。
「MFルイス・ディアスはアトレティコ・ジュニオールと代表とでパフォーマンスが変わらないし、才能豊かなので期待している。DFフェリペ・バンゲーロはコロンビア人の左サイドバックでは一枚上かな。彼(バンゲーロ)に代表でプレイするチャンスが与えられてほしいね」

コロンビア代表は、コパ・アメリカでカタール、パラグアイ、ブラジルと対戦予定で、その前にパナマ、ペルーと親善試合を行う予定となっている。

◆ ファウスティーノ・アスプリージャ

本名:
ファウスティーノ・エルナン・アスプリージャ・イネストローサ
生年月日:
1969年11月10日生まれ(49歳)
出身:
コロンビア(トゥルアー)
身長:
176cm
現役時代のポジション:
フォワード

1988年にククタ・デポルティーボでデビューすると、いきなり17ゴールを決める活躍。翌1989年からはアトレティコ・ナシオナルで活躍し、1992年にはパルマ(イタリア)へ活躍の場を移した。その後はイングランド、ブラジル、メキシコ、チリなどを渡り歩き、2004年にエストゥディアンテス(アルゼンチン)で2試合だけ出場したのを最後に現役を引退した。愛称は「ティノ」。元コロンビア代表。

2019.05.09

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。