Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

ヘイナウドのロングシュートで先制したサンパウロ VARによって得たPKで勝ち越し暫定4位に浮上

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第12節 フルミネンセ 1-2 サンパウロ
▲ 試合終了後にエベルトン(左)らチームメイトと肩を組んでスタンドのサポーターとともに歌い喜ぶヘイナウド(中央)
7月27〜28日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第12節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フルミネンセ×サンパウロ」は、サンパウロが終了直前のPKで競り勝った。

サンパウロは11分にヘイナウドが大きく浮いたミドルシュートを打つと、15分にはアレシャンドレ・パトが左サイドからアーリークロスを上げて見せ場を作った。すると19分、セットプレイからエルナーニスがボールを前線に送らず、傍にいたヘイナウドにパスを出すと、ヘイナウドは得意の左足でロングシュートを披露。ボールはキーパーの左手を弾いてゴールへと転がり、サンパウロが先制した。

フルミネンセは次第に攻勢を強めると、35分に追いついた。マルコス・パウロがペナルティエリアでループシュートを打つと、ポストに当たって跳ね返ったボールをジョニー・ゴンサーレスが難なくゴールに押し込んだ。

後半、フルミネンセは立ち上がりの48分に決定機を演出したが、ジョニー・ゴンサーレスのシュートから生まれたルーズボールに反応したマルコス・パウロのバイシクルシュートは、キーパーが左手を伸ばして外へ掻き出した。

サンパウロは59分にアレシャンドレ・パトとエルナーニスをベンチに下げて、エベルトンとトロを投入。しかしゴールを予感させるフィニッシュはフルミネンセのほうが多く、74分には左からのクロスに合わせたジョニー・ゴンサーレスのヘディングシュートがクロスバーを直撃する一幕もあった。

0-0 で後半のアディショナルタイムを迎えると、サンパウロは92分に右からのクロスに合わせたエベルトンのヘディングシュートがクロスバーを超える。しかしハンドの疑惑があったことから、主審はVARシステムによる映像確認を経てサンパウロのPKを指示した。エベルトンのヘディングシュートがアランの左腕に当たっていたことがPKの理由で、このPKをヘイナウドが決めてサンパウロに勝利をもたらした。

敵地で勝ち点3を得たサンパウロは、暫定4位に浮上。対するフルミネンセは連敗を喫し、降格圏から抜け出せていない。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第12節 (2019/07/27)
フルミネンセ 1-2 サンパウロ
ムリエウ GK チアゴ・ボウピ
ジウベルト
ニノ
(パブロ・ジエゴ)
ユリ・リーマ
カイオ・エンリーキ
DF イゴール・ビニシウス
ブルーノ・アウベス
ロベール・アルボレーダ
ヘイナウド
アラン
ダニエウ
(ギリェルミ)
ガンソ
(レオ・アルトゥール)
MF ルアン
(イゴール・ゴメス)
チェ・チェ
エルナーニス
(エベルトン)
マルコス・パウロ
ペドロ
ジョニー・ゴンサーレス
FW アントニー
ハニエウ
アレシャンドレ・パト
(トロ)
ジョニー・ゴンサーレス 35 ゴール 19 ヘイナウド
90+6 ヘイナウド (PK)
アラン イエロー
カード
エルナーニス
ロベール・アルボレーダ
エベルトン
フェルナンド・ジーニス 監督 クッカ
主審: アンデルソン・ダロンコ
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2019.07.27

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。