Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020

多角的な攻撃で前半のうちに3点を奪ったリーベルが快勝 宿敵ボカを抜いて暫定4位に浮上する

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第6節 ウラカン 0-4 リーベル・プレート
▲ 19分に先制のゴールを決めたミルトン・カスコ(右から2人目)と肩を組むニコラス・デ・ラ・クルスとコロンビア代表FWラファエル・サントス・ボレー(右)はアルゼンチン代表FWマティアス・スアーレス(左)を迎える
9月13〜16日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 の第6節。首都ブエノスアイレスで行われた「ウラカン×リーベル・プレート」は、リーベルが快勝した。

ウラカンは、かつてボカで活躍したアンドレス・チャベスが相手の激しいチャージで左膝を負傷してしまい、14分に交代するアクシデントに見舞われた。一方のリーベルは18分に、アルゼンチン代表FWマティアス・スアーレスがペナルティエリアでボールを折り返すと、ファーサイドからゴール前まで上がっていたミルトン・カスコが右足でゴールに沈めて先制した。

31分にはカウンターでペナルティエリアに達したイグナシオ・フェルナンデスのシュートが、相手の右腕に当たってPKを獲得。このPKをイグナシオ・フェルナンデスが自ら決めて、リーベルがリードを広げた。なおも攻め続けたリーベルは、前半のアディショナルタイムにエセキエル・パラシオスがペナルティアークの手前から右足を振り抜いてゴール左隅にミドルシュートを決めて、3-0 で前半を折り返した。

後半、リーベルは立ち上がりの50分にコロンビア代表FWラファエル・サントス・ボレーが左サイドからグラウンダーのクロスを上げると、ニコラス・デ・ラ・クルスが滑り込みながらゴールに押し込み 4-0 。デ・ラ・クルスは勢い余ってゴールポストに激突してしまい、しばらく立ち上がれなかったが、大事には至らずフル出場を果たした。

ウラカンは早めに3人の交代枠を使い切ったが、為す術なく完敗。快勝したリーベルは暫定4位に浮上した。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第6節 (2019/09/15)
ウラカン 0-4 リーベル・プレート
アントニー・シルバ GK フランコ・アルマーニ
カルロス・アラウーホ
サウール・ソテルド
マリアーノ・バレイロ
セーサル・イバニェス
DF ゴンサーロ・モンティエル
ルーカス・マルティネス
ハビエル・ピノーラ
ミルトン・カスコ
ホアキン・アルスーラ
ロレンソ・ファラベッリ
(アドリアン・ダニエル・カベージョ)
ロドリーゴ・ゴメス
MF エンソ・ペレス
エセキエル・パラシオス
イグナシオ・フェルナンデス
(ホルヘ・カラカル)
ニコラス・デ・ラ・クルス
フェルナンド・コニーリオ
アンドレス・チャベス
(ノルベルト・ブリアスコ)
ファン・ガーロ
(マウロ・ボガード)
FW ラファエル・サントス・ボレー
(ルーカス・プラット)
マティアス・スアーレス
(イグナシオ・スコッコ)
  ゴール 18 ミルトン・カスコ
33 イグナシオ・フェルナンデス (PK)
45+2 エセキエル・パラシオス
50 ニコラス・デ・ラ・クルス
マリアーノ・バレイロ
セーサル・イバニェス
ホアキン・アルスーラ
ロドリーゴ・ゴメス
イエロー
カード
エセキエル・パラシオス
ルーカス・マルティネス
ハビエル・ピノーラ
ミルトン・カスコ
ファン・パブロ・ボイボーダ 監督 マルセーロ・ガジャルド
主審: ニコラス・ラモリーナ
会場: エスタディオ・トマス・アドルフォ・ドゥコー (ブエノスアイレス)
2019.09.15

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。