Seleccion Nacional de Argentina アルゼンチン代表

コパ・アメリカに出られないマルコス・ロホの想い 「私はアルゼンチン代表に戻りたい」

マルコス・ロホが語ったアルゼンチン代表への想い
▲ アルゼンチン代表への熱い想いを語ったマルコス・ロホは、代表復帰を目指して来季のパフォーマンスを上げると意気込む
マルコス・ロホは、マンチェスター・ユナイテッドでスールシャール監督からは重宝されておらず、ベンチを温める時間が長かった。この事象は、同選手のアルゼンチン代表キャリアにも不利益をもたらしてしまった。

アルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督が発表した代表メンバー23人に、マルコス・ロホの名前はなかった。これを受けて、ロホは自身の胸の内を言葉にした。

「私は代表に戻りたい。まだまだ代表引退するような年齢でもないし、全力を尽くしてポジション争いする自信もあるんだ。今回コパ・アメリカに出られないのは残念だが、気持ちは落ち着いていて、今オフは休暇に充てたいと考えている。疲れをとって、来シーズンに向けて準備していきたい」

ロホは2ヶ月前にスカローニ監督と話していたことも明かし、「スカローニから候補にあると告げられていたが、代表に招集されるためにはクラブチームで安定したパフォーマンスを持続することが条件とも言われていた。そこは私も理解している」と述べて、今回の落選には一定の理解を締めていることも話した。

◆ マルコス・ロホ

本名:
ファウスティーノ・マルコス・アルベルト・ロホ
生年月日:
1990年3月20日生まれ(29歳)
出身:
アルゼンチン(ブエノスアイレス州ラ・プラタ)
身長:
186cm
ポジション:
センターバック、左サイドバック

2000年に10歳で地元の名門エストゥディアンテスの下部組織に入団し、2008年にトップチームに昇格すると、同年のコパ・リベルタドーレス優勝を経験した。同年のFIFAクラブワールドカップにもFCバルセロナ戦で途中出場した。2011年にスパルタク・モスクワ(ロシア)へ移籍すると、翌2012年にはスポルティング(ポルトガル)に渡って活躍。2014年には自身の希望が叶ってマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に移籍した。アルゼンチン代表。

2019.05.27

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。