Copa America 2019 コパ・アメリカ 2019

マンチェスター? ミラノ? エベルトンの移籍交渉にグレミオ会長「チーム史上最大の事業」

コパ・アメリカで大活躍だったブラジル代表FWエベルトンにまつわる移籍の噂
▲ 今大会のコパ・アメリカで一躍脚光を浴びたブラジル代表FWエベルトン (写真は2019年6月27日のもの)
先日閉幕したコパ・アメリカで、優勝したブラジル代表の左ウイングとしてめざましい活躍を見せつけたエベルトン。彼がグレミオに戻ってくることを多くのグレミスタ(グレミオのサポーター)が待ちわびているが、その一方でグレミオの首脳陣は慌ただしく動き出している。

グレミオのホミウド・ボウザン・ジュニオール会長は、近日中にもエベルトンがチームに多額の移籍金をもたらすとほのめかし、エベルトンの獲得を目指す欧州のビッグクラブから高額の条件提示があることを匂わせた。今回の移籍交渉を、同会長は「チーム史上最大の事業」と位置づけている。

「エベルトンのような選手には、ずっとグレミオにいてほしい反面、世界に羽ばたいてくれることもまた私の願いだ。グレミスタの大半は、クラブがエベルトンを放出することに同意・納得してくれているから、彼の移籍が決まれば快く送り出してくれるだろう。金額は交渉中で詳細はもちろん明かせないが、コパ・アメリカでの大活躍はエベルトンの価値を著しく押し上げてくれた。私は今、チーム史上最大のビジネスに直面している」

今大会のコパ・アメリカで、エベルトンは決勝のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるとともに、得点王のタイトルも獲得した。エベルトンが今大会で残したのは、印象だけでなく結果もだ。

グレミオは、エベルトンの獲得に関して公式なオファーを受けていないが、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドといったプレミアリーグの強豪が興味を示しているとの報道があり、さらにはエベルトン自身が希望する移籍先としてイタリアの名門ミランを挙げるなど、同選手の移籍を巡る交渉は本格化必至とみられている。エベルトンの移籍金は8,000万ユーロ(日本円で約98億円)とも推測されているが、グレミオの経営陣はその半額の移籍金でも交渉に応じる姿勢を示している。

エベルトンの所属するグレミオは、10日にコパ・ド・ブラジウの準々決勝に臨む予定。コパ・アメリカで大活躍だったエベルトンは休む可能性が高いが、週末には中断していたブラジレイロン・セリエA(ブラジル1部リーグ)も再開予定で、グレミスタはエベルトンの出場を心待ちにしている。

◆ エベルトン

本名:
エベルトン・ソウザ・ソアーレス
生年月日:
1996年3月22日生まれ(23歳)
出身:
ブラジル(セアラー州マラカナウ)
身長:
174cm
ポジション:
フォワード

2009年に13歳でフォルタレーザの下部組織に入ると、2012年にはグレミオの下部組織へ移籍して2014年に18歳でトップチームに昇格した。2015年からはレギュラーとして活躍すると、2018年にはチッチ監督の目に留まり、22歳でブラジル代表に入った。愛称は「セボリーニャ」。

2019.07.08

★コパ・アメリカ 2019 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ・センテナリオ 2016 U.S.A.大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2015 チリ大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。